インデックス加工上製本

こんにちは!ブログ担当奈良です。

まだまだ寒いこの季節、仕事も忙しくなり、毎日温泉に入りたい気持ちになっている今日この頃です。
わたしは最近スーパー銭湯などにある「炭酸泉」というのにハマっています。ポカポカしてとても気持ちいいです。是非お試しください。

お待たせいたしました。今回は、前々回のブログで触れた「インデックス加工本」を紹介します。

一見普通の上製本なのですが、中を開くと…

かo0480064012860428439

ご覧の通り、インデックスになっています。

手帳などではよく見かけますよね。それらは基本的に並製本で、本が仕上がった後にインデックス加工しているので、それほど珍しくないのですが、上製本となると話は別です。インデックス加工した後に更に工程を経なければなりません。

背加工にしても、表紙付けにしても、インデックス加工をされてデコボコになった本を加工するのは、一筋縄ではいきません

わたしも表紙付けを行ったのですが、まあこんな本やったことないので、ああでもないこうでもないと試行錯誤して、どうにか形になりました
最終的にはなかなか良い本になったと思います!!

なぜ博勝堂はこんな本も作れるのか?それは積み重ねたノウハウと技術と、手間をかけられる体制があるからです!

製本には製本の常識というものがあるのですが、博勝堂はその常識にとらわれず、斬新なアイディアを追求し、独特な分野の開拓に日夜努力していきます