和本、和本、和本

こんにちは ブログ担当の奈良です。

更新が遅くなり申し訳ありません…

さて、11月というと、シーズン的には製本業はかなり暇になるところが多いのですが、

博勝堂では有り難いことに、仕事が溢れかえっております

上製本や御朱印帳もさることながら、最近は和本の仕事がとても増えております。

和本は手作業でしか出来ない工程ばかりなので、数がなかなか上がらず、時間がかかってしまうので、人手をかけてどうにか納期に間に合わせないといけません

o0480036013808721276

o0480036013808721284

何冊も綴じているとどんどん指が痛くなるので、皆指サックをしながら綴じをしています。

また、巻帙(まきちつ)に爪を付ける作業も手間がかかります。

o0480064013808721291

o0480064013808721299
ちょうど良い締まり具合になるように、微妙な調整が求められてきます。
「文化を残す」という経営理念のもと、博勝堂では今日も和綴じ文化を絶やさないため、日々技術を継承し、発展させられるよう努力しております